岐阜 お米 夏のお米の保管

こんにちは。岐阜のお米屋。お米の熊田です。

ここのところ一気に気温が上がり出しました、身体がついていくのがたいへんです。皆様体調管理にお気をつけください。

気温18度以上と適切な湿度と米びつなどの汚れでイヤ~な虫がお米を狙い始めます。 只今お米をお買い上げの方に防虫効果がある「鷹のツメ」をプレゼントしてます。またお米の保管容器や米びつをきれいにしてから「鷹のツメ」を貼って下さいね。

夏に向かってお米の保管で気を付けて頂きたいことです。

※お米は2週間くらいで食べきれる量を目安でお買い求め下さい。

※お米の保管はタッパなどの密閉容器がお勧めです。直射日光を避けて風通しの良い所で

保管して下さい。流し台の下は湿度が高いので要注意です。

※お米を入れ替える時はカラにしてこまめに掃除をすることをお勧めします。 米びつを

使用の方はお米を出してから、もう一度レバーを全て押してお米を出し切って下さい。

できれば濡らしたタオルなどで底の四隅、米の出てくる所(ヌカがたまりやすい)を

一度拭いて乾燥させてからお使いください。でも無理はしないでください。

けがをする場合があるのでご注意ください。

※できるなら冷蔵庫での保管をお勧めします。でもお米が入っていた袋での冷蔵庫の

保存は止めてください。お米を積みやすいように小さな穴が空いているため穴から

空気に触れてお米が乾燥してしまい結果、お米の水分が抜けて、お米を炊いても粘りが

無くなります。

またお米の保存には空気を遮断して密閉性があるペットボトル、ジプロックなど穴の

空いてないファスナー付きの袋が便利です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です